水漏れ修理の基礎知識

水漏れ修理の基礎知識 水漏れを起こしてしまっている状況は、そのままにしておくことはできません。できるだけ早く水道 修理をする必要が出てくるでしょう。自分で直すという方法もありますし、業者に依頼して修理をしていく方法もあります。どんな方法をとるにしても、素早く対処していかなければ、損害はどんどん広がってしまうことになるのが問題です。素早く修理していかなければいけませんが、場所によっても方法に違いが出てきます。



■修理しやすい蛇口や気が付きにくい排水

水漏れを起こす場所はいろいろとあります。その中でも多いのは、水道回りになってくるでしょう。理由としては、家庭の中にある水道設備の中で、最も頻繁に使う場所であり、どうしても劣化が進んでいくからです。部品が細かい点も水漏れしやすい原因になってきます。
実際に交換したり修理したりするのは、難しい部分ではありません。目につく場所であり、狭くて工具が入らないといったこともあまりないでしょう。目につく場所なので普段から気にすることができるため、はっきりと認識もできるからです。
排水から漏れてくるということも重要になってきます。使った水を流すということでも、排水から漏れてくるのは、大きな問題となってしまいます。水道管とは異なり、水圧がかかっていないため、気づくのが遅れてしまうことがありますが、修理をしていかなければ、衛生的な問題も出てきてしまう場所です。専門家を依頼しなければ対処できないことも少なくありません。

■大きな被害を引き起こすトイレ
水漏れを起こす場所の中でも、大きな水量を貯めているのがトイレです。最近ではタンクレスのタイプもありますが、水道栓がつながっていることには違いがありません。水漏れにも種類があり、便器の中にちょろちょろと漏れてくるようなものから、水道管の破裂、タンクの故障といったことまでさまざまです。どれも大きな問題になってしまう可能性があり、水道代をはじめとして大きな損害を出すことにつながります。
大量の水があることによって、トイレの場合は大問題になってしまいます。水漏れを見つけて大きなショックに陥り、対処が遅れることもあるでしょう。できるだけ素早く対応していくことが重要であり、すぐに修理も考えていかなければいけません。家庭内の設備の中でも特に注意が必要な箇所といえます。

■水漏れを確認したら水栓を閉める

水漏れを起こした時に、真っ先に対処しなければいけないのは、これ以上の水の供給をさせないというところになってきます。水が供給されなければ、これ以上被害が拡大することを防ぐことができるからです。そのためには、水栓を閉めるということが重要になってきます。止水栓も設置されていますし、元栓も必ずあるため、この位置を確認しておくことが大切です。
修理を依頼する場合でも、自分で行う場合でも、必ず水栓を閉めることからスタートすることになります。水圧がかかったままになれば、危険なことも出てくるからです。水が漏れるだけではなく、圧力のかかった水は、大きな怪我も引き起こします。必ず閉めてから行うことが必要です。

■まとめ
水漏れは、場所によって対応も変わってきます。さまざまな対処方法を考えていかなければいけませんが、その方法もひとつではありません。状況によって対応を考えることで、適切な対処ができるので、まずはいざというときに備えて一般的な知識を持っておくことが大切です。
たいしたことはないと思いそのままにしておけば、多くの損害を引き起こしていくことになります。できるだけ早く修理をする必要があることを理解して、普段の生活の中で、水漏れを起こしていないか気にかけておくことも必要です。なにか異変を見つけることが、修理の第一歩につながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース