排水の水漏れを修理する前にまずは予防を

排水から水漏れを起こしてしまうと、異臭を放つなど大きな問題を抱えることになります。常時水が流れているわけではないため、気が付きにくいところも問題でしょう。排水からの水漏れを引き起こしてしまうのには、いろいろな原因があります。普段から気をつけておけば修理の手間を減らすこともできるので、知っておくと役立つことがあります。

■熱湯は厳禁

排水は、塩化ビニル樹脂を使っていることがほとんどです。破損しにくいような素材が選ばれていますが、割れてしまえば水漏れを起こすことになります。修理としては、交換するというのが通常の方法となってくるでしょう。
水漏れを起こしてしまう問題につながる行動はいろいろとあります。そのひとつが熱湯を流すことです。意外と感じる人も多いポイントですが、塩化ビニルの耐熱温度は70度ぐらいしかありません。熱湯では変形する可能性もあり、これが水漏れの隙間を作ることにもなります。

■メリットもある

お湯の温度を下げることが一番ですが、お湯を使うことによってのメリットもあります。キッチンなどでは、50度程度にすることによって、油かすなどを流し落とすことができるようになります。雑菌を繁殖させないようにもできるため、定期的に温水を流していくことによって、配管を掃除することもできます。
洗面器1杯程度の量でも効果がでてくるため、うまく活用してみるといいでしょう。これだけでも配管のつまりを未然に防止することにつながります。

■まとめ
排水は、水漏れに気が付きにくいことは確かです。ですが、徐々に劣化が進み修理も必要になることは理解しておく必要があるでしょう。熱湯を流さないといったことは普段からできる予防策です。また適度に使うことによってメリットもあるので、日常生活の中でうまく活用して劣化を防いでいくといいでしょう。なにか異臭がするときには、専門業者に依頼して調査することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ