蛇口の水漏れの修理はパッキンから

家庭の中にいろいろと設備がある中でも、蛇口は水漏れを起こしやすい部分です。さまざまな部品を使っていることから、どうしても漏れやすくなってしまいます。消耗品もあり、劣化していくため、水漏れを起こした時には水道 修理を考えていかなければいけないでしょう。特に蛇口のパッキンに関しては、破損しやすい部分のため、修理や交換が必要になってきます。

■さまざまな場所にあるパッキン

蛇口にも使われるパッキンは、水をせき止めるために存在しています。どうしても隙間ができそうなときにパッキンを挟めば、ゴムの力で隙間を防いでくれるからです。それだけに破損もしやすくなりますし、水に侵食されてしまうことも出てきます。そうなると、水漏れを起こす原因になるため、交換しなければいけません。
パッキンには、いくつかの種類がありますが、蛇口ノズルと本体をつないでいる部分にも使用されています。金属部品同士では必ず摩耗することになるため、パッキンで防いでいるのですが、劣化すれば修理しなければいけません。蛇口内にも使われており水漏れを防いでいるので、やはり定期的に交換が必要になります。

■形状の確認

パッキンは、その形状に合わせて使われています。サイズが合わなければ意味をなさないからです。単純に修理というだけであれば、交換するだけで済んでしまうのも特徴です。
一般的なものであればホームセンターなどで手に入れることができますが、中には特殊なものがあり、メーカーに依頼しなければ手に入らないこともあります。種類や大きさの確認は必ずする必要があるでしょう。

■まとめ
蛇口のパッキンの交換はさほど難しいことではありません。修理方法として考えても簡単な部類に入ります。工具があれば蛇口は分解できますし、モンキーレンチとドライバーがあれば、ほとんどの蛇口は交換することができ、パッキンも外すことができるでしょう。固着してしまっていることもありますので、綺麗に掃除して交換します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ