水漏れの修理はまず水栓から

水が供給されている状況のままでは、水漏れが起きても修理をすることができません。水が止まっていなければ、部品の交換もできないだけではなく、非常に危険だからです。この時に必要になってくるのが、水栓を閉めるということになります。修理を待つときにも必要となってくるため、いざという時のためにも、水栓がどこにあるのかは知っておく必要があります。

■水を止める水栓

水栓とは何かといえば、水量を調節するための弁です。閉めれば水を止めることができるため。水漏れの修理をするときには、必ず閉めることになります。
閉めずに修理する状況を考えてみましょう。水道管につながっている部分は、強い圧力によって送水されています。この圧力がかかったまま修理をすることはほぼ不可能です。そのため、設備の近くには、止水栓が用意されていることがほとんどであり、これを利用して安全に作業を進めることができます。

■元栓も確認しておく

水栓には、元栓も存在しています。さまざまな設備がありますが、水道管の大元となる部分に取り付けられており、一斉に水を止めることができます。水道メーターとセットになっており、必ず存在しているため、水漏れが起きたりしたときには、真っ先に閉めることによって配水全体を止めることが可能です。
被害を最小限に食い止めるのであれば元栓を閉めてしまうのが一番でしょう。そのあとに状況に応じて修理を考えていけば、安心して進めることができます。

■まとめ
水漏れを修理する場合には、専門業者でも水栓を探し、水を止めてから行っていきます。まずは水の流れを止めてしまえば、水漏れの被害が拡大することも抑えることができるのは間違いありません。いざという時に備えて水栓の場所を確認しておけば、水漏れの際にも混乱することがないでしょう。難しいことではなく、水道管を追っていけば誰でもわかるのですから、事前によく確認しておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ